麻耶雄嵩について

今回は貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)に関する情報をご紹介します。

あなたの知らなかったレアな情報かも知れません

こんな麻耶雄嵩に関する情報があったなんて

知らなかったと後悔しないようにしましょう!!

この続きから、もしかしたら

あなたの探している麻耶雄嵩に関するぴったりな情報が

登場するかもしれませんよ!!

続きの情報も見逃さずに見てみましょう!!



世界のAmazonよりお届け




貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)がこの価格で手に入る!!

貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)
貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)
価格:


↓↓↓
麻耶雄嵩の詳細はこちら




今回の麻耶雄嵩に関する動画や関連情報は、

⇒こっそり通販堂の麻耶雄嵩で検索!!





プリンセリア 巨大怪獣グヌバー編



今回ご紹介する『プリンセリア 巨大怪獣グヌバー編』について簡単にご説明いたします。



この作品のあらすじは・・・・・



心理学者を志す大学院生の岬翔子の下にアマゾンで消息を絶った父親の岬健輔からあるペンダントが送られてくる。それはかつてこの地球を宇宙の侵略者から守ってきた救世主、プリンセリアのペンダントだったのだ!プリンセリアの生まれ変わりである翔子は復活した侵略者ゼイブルに命を狙われるがダルヴァという謎の男によって救出される…しかし翔子から命の霧を吸い出したゼイブルは怪獣グヌバーを召喚させ町中を火の海にする!残された希望はプリンセリアの復活のみ!果たして翔子はこの地球を守る事ができるのか!



キャスト  田中いちえ


特撮のカテゴリに分類されます。


気になる価格は ¥2700 ~になっております。


プリンセリア 巨大怪獣グヌバー編が気になる方は詳しい説明をご覧ください!!





ソニー「ウォークマン」【じゃないほう】いくつ覚えてる?
こんばんは、バブル時代研究家のDJGBです。
サルのチョロ松くんを起用したソニー「ウォークマン」のCMから、今年で30年です。

●ソニー「ウォークマン」(1987年)

■ この記事の完全版(全画像・動画付き)を見る

当時は他にもNTTフリーダイヤルの「鉄棒をする猫」、「木登りをする犬」など、動物を起用したCMが人気を集めましたが、中でもこの「ウォークマン」のCMは名作として大いに話題となりました。その評価は世界的で、のちにスミソニアン博物館にも保管されたほどです。

ところで、「ウォークマン」は、あくまでもソニーの商品名

80年代、多くのライバルメーカーが「ポータブルヘッドホンステレオ」を発売し、ソニーに追いつけ追い越せばかりに、し烈なアピール合戦を繰り広げました。

今日は、歴史の彼方に過ぎ去っていった数々のヘッドホンステレオブランドたちをふりかえってみましょう。


■大物ミュージシャンで戦い続けたナショナル

●ナショナル「ワールドウェイ」(1982年)

ナショナル(松下電器、現在のパナソニック)はソニーに対抗し、「ワールドウェイ」を発売します。CMに起用されたのは当時「チャコの海岸物語」などで若者の支持を集めていた桑田佳祐でした。


●ナショナル「JUMP」(1985年)

「ワールドウェイ」がイマイチ跳ねなかったのでしょうか。1985年には近藤真彦を起用し、AM/FMラジオを搭載した「JUMP」を投入。


●パナソニック 「S-Type」(1989年)

「JUMP」でも跳ねなかったナショナルはバブル期、パナソニックとしてとうとうホンキを出します。「S-type」では、当時人気絶頂だったWinkに加え、JUN SKY WALKER(S)、PERSONZをCMに起用。ヘッドホンからの音漏れに配慮した「電車ポジション」を導入するなど、機能面も充実しました。


■「か・わ・い・そーにー」とライバルを挑発した東芝

●東芝「ウォーキー」(1982年)

東芝がとったのは、AM・FMチューナーパックをカセット部分に挿入することでラジオも聴けるという機能面の差別化戦略。ライバルメーカーを意識させる「か・わ・い・そーにー」というキャッチコピーも話題に。


●東芝「ウォーキー」(1984年)

2年後、「ウォーキー」はカセットテープより小さい、というモダンなデザインに。6色ものカラーバリエーションに加え、「驚きモモの木、ウォーキー」という昭和感満載のキャッチコピーも味わい深いです。


■“技術の日立”はアイデアで勝負

●日立「パディスコ」(1982年)

ラジカセの一部が飛び出して、ヘッドホンステレオとして持ち運べるというギミック。さすが“技術の日立”です。CMで清純な笑顔を振りまいているのは、「3年B組 金八先生」で15歳の母を演じた直後の杉田かおるです。


■これぞスマホの原点!?シャープが送り出した秘密兵器

●シャープ「Oh!」(1984年)

目の付け所が当時からシャープだったシャープは、グライコ(グラフィックイコライザー)を搭載した「Oh!」に続いて、1986年にはTVを搭載した「Mr.ジョイカセTV」を投入。

シャープはさらにこの後、ガム電池を使うことで軽さ99gを実現した「Piu」、シンプルなデザインと音質にフォーカスした「BEING」などを投入しますが、市場の覇権を握るには至りませんでした。


■誰もが一度は通り過ぎたブランドと言えば?

●アイワ「カセットボーイ」(1989年)

親しみやすい価格と壊れにくさで人気を集めた「カセットボーイ」の登場は1980年。新興国などではソニーよりも知名度の高いこともあったそうです。2002年にソニーの完全子会社となり、2008年にはブランドが完全に終息しました。


■80年代、ヘッドホンステレオは“自己表現”の手段だった

時代を駆け抜けた「ウォークマン」のライバルたちの奮闘ぶりはいかがでしょうか。

80年代~90年代の若者たちにとってヘッドホンステレオは、「コンポ」や「ラジカセ」と同様、ナウいライフスタイルに欠かせないアイテムでした。が、ヘッドホンステレオが他のAV機器と少し異なるのは、職場や学校などで他人の目に触れる機会が多い、という点でしょう。当然、ブランドを選ぶ基準も変わってきます。

機能だけでもダメ、音質だけでもダメ。当時の中高生にとって「どのメーカーのヘッドホンステレオを選ぶか」は、「どんなミュージシャンを聴いているのか」「どんなブランドの服を選ぶのか」と同様、自己表現の手段のひとつだった、というのは、言いすぎでしょうか。

あれから30年。音楽を聴く手段は、ヘッドホンステレオからスマホに移り変わりました。現代の少年少女たちは30年後、

「私、エクスペリア使ってたな、そのあとギャラクシーに乗り換えたけど」

「アローズ!アクオスフォン!あったねえ!」

「中二病だったオレはインフォバー一択」

「母さんがiPhoneと間違えてエルーガ買ってきちゃって…」

みたいな会話をするんでしょうか。


(バブル時代研究家 DJGB)

※すべての画像・動画は元記事からご覧ください。(元記事は下部の関連記事からご覧いただけます。)



スポンサーサイト
[2017/02/09 05:50 ] | 話題の芸能人情報 | コメント(0)
<<セーラー服 エロについて | ホーム | 壇蜜について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad