野口健について
今回の野口健に関する動画や関連情報は、

⇒こっそり通販堂の野口健で検索!!





封神演義~ナタクの大冒険~第十三章



今回ご紹介する『封神演義~ナタクの大冒険~第十三章』について簡単にご説明いたします。



この作品のあらすじは・・・・・



第25話『親子の情』ナタクの始末に困った申公豹(シンコウヒョウ)はナタクの両親である李靖(リセイ)将軍と殷氏(インシ)を捕らえナタクを従わせようとする。父である李靖はナタクに王に対して忠誠を尽くすように求めるが、母である殷氏はある決意をするのだった。第26話『石美人との対決』自分の幸せと理想を探すようにと母に言われたナタクは姫発(キハツ)を 炮烙(ホウラク)の刑場から救い出す。怒った王はナタクの両親を代わりに炮烙することにした。一方ナタクと姫発は大地の力を得て強大になった石美人(イシビジン)を見つけ出した。かくして、ナタクと石美人の戦いが始まった…。



キャスト  


アニメのカテゴリに分類されます。


気になる価格は ¥514 ~になっております。


封神演義~ナタクの大冒険~第十三章が気になる方は詳しい説明をご覧ください!!





きんぴらごぼうも!実は人の名前が語源だった意外な日本語ランキング
皆さんは普段使っている言葉の中に、実は人名が語源になっている言葉があることをご存知ですか?
そう数が多いワケではないのですが、日常的に使っている言葉が人名由来と聞くと、ちょっとビックリしますね。

そこで今回は「実は人の名前が語源だった意外な日本語」をアンケート、ランキングにしてみました。
一番意外だった言葉とは、一体どんな言葉だったのでしょうか?

1位 きんぴらごぼう
2位 のろま
3位 たくあん
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「きんぴらごぼう」!


和食の小鉢定番料理、ご家庭ごとに味も結構変わる「きんぴらごぼう」が堂々の1位に輝きました。
「きんぴら」とは江戸時代に流行った人形浄瑠璃「金平浄瑠璃」の主人公、坂田金時の息子である「金平(きんぴら)」から取られた言葉だそうです。
「金平」は剛力の伝説で知られており、ごぼうが当時「精のつく食べ物」と考えられていたため、合わせて「きんぴらごぼう」としたんだとか。

2位は「のろま」!


江戸時代に人形遣い野呂松勘兵衛が演じた人形に由来する、「のろま」が2位を獲得しました。
この人形は「野呂間人形(のろまにんぎょう)」と呼ばれるもので、愚鈍で滑稽な芝居を演じ人気になった事から、そういった動きなどを「のろま」と表現するようになったようです。

3位は「たくあん」!


江戸時代に臨済宗の僧侶である沢庵宗彭が考案した漬物、「たくあん」が3位にランク・インしました。
当時は特に名前などない漬物だったそうですが、彼が創建した東海寺に訪れた徳川家光が気に入ったようで、「名前がないのであれば沢庵漬けと呼ぶべし」と言われ命名されたそうです。

いかがでしたか?
他にも結構当たり前に使っている言葉がランク・インしており、調べればもっとたくさんの言葉が出てくるかもしれません。

今回は「実は人の名前が語源だった意外な日本語ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~27位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年2月10日~2017年2月15日


スポンサーサイト
[2017/03/30 16:05 ] | 話題の芸能人情報 | コメント(0)
<<水樹奈々について | ホーム | マリア・ソツコワについて>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad