生田絵梨花[乃木坂46]について
今回の生田絵梨花[乃木坂46]に関する動画や関連情報は、

⇒こっそり通販堂の生田絵梨花[乃木坂46]で検索!!





宇宙特捜アンジー



今回ご紹介する『宇宙特捜アンジー』について簡単にご説明いたします。



この作品のあらすじは・・・・・



兄の神明凱・宇宙特捜ガインがいる地球に赴任してきた神明杏・宇宙特捜アンジーは、宇宙犯罪組織タブーの女幹部リュゼが差し向けた女戦士ソルシエと戦い倒す。だが、ソルシエが根っからの悪人でないと感じたアンジーはとどめを刺さずに対話をしようとした。しかし、そこに現れたガインたちに対抗意識を燃やす地球防衛軍の榊と水島にソルシエを奪われてしまう。二人はソルシエからタブーの情報を引き出そうと拷問にかける。それを許せないアンジーはソルシエを助け出す。そしてソルシエは自分がリュゼに騙されていたことを知るのだったが、二人の前に現れたタブーの幹部グロームに二人は敗北し、ソルシエは瀕死の重傷を負い、アンジーは囚われて拷問にかけられる。自分の命を投げ出してアンジーを救い、リュゼを倒したソルシエだが、力つきてアンジーの腕の中で息絶えてしまう。怒りに燃えてグロームに戦いを挑むアンジーだったが、拷問で弱った体で勝てる相手ではなかった。アンジーの運命は!



キャスト  望月ミキ,橋元優菜


特撮のカテゴリに分類されます。


気になる価格は ¥1620 ~になっております。


宇宙特捜アンジーが気になる方は詳しい説明をご覧ください!!





歴代ジャンプで最も「画力が高い」作家といえば? 3位井上雄彦
漫画作品の一番わかりやすいバロメーター「画力」、作品の方向性によって基準などは異なるでしょうが、素人が見てもわかりやすい漫画家の「力」ですね。
某巨大掲示板でも議論が尽きない話題であり、各漫画家や作品を挙げて殴り合いのような言い合いが日々行われている程、奥の深いものでもあります。

そこで今回は「歴代ジャンプで最も画力が高い作家」をアンケート、ランキングにしてみました。
ジャンプ最強の画力の持ち主は、一体誰だったのでしょうか?

1位 小畑健
2位 鳥山明
3位 井上雄彦
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「小畑健」!


週刊連載とは思えない緻密でリアリティのある画風で有名な、「小畑健」が堂々の1位に輝きました。
背景の書き込みにはキャラクター達の存在感を際立たせるようなリアリティがあり、キャラクターの描写も立体的で週刊連載の常識を超えた表現を見せつけていました。
代表作『DEATH NOTE』連載中に出されたアシスタント募集には、「かなり厳しい職場」「経験者優遇」という他作品の要項がワザと避けてるであろう表現が使われており、その環境の厳しさを物語っています

2位は「鳥山明」!


デフォルメや独特なメカニカル表現で多くの子供の心を掴み続けている、「鳥山明」が2位を獲得しました。
代表作である『ドラゴンボール』では「ギャグ」「戦闘」「シリアス」を描き分け表現したり、個性豊かなキャラクターデザインやスチームパンク的な機械表現をしたりなど、一般的な漫画家とは一線を画すセンスを感じさせますね。

3位は「井上雄彦」!


躍動感のある表現とリアリティのある書き込みが有名な、「井上雄彦」が3位にランク・インしました。
代表作『SLAM DUNK』ではまるで動画を切り出したような動きのあるキャラクター、リアリティのある表情表現などで多くの感動的なシーンを生み出しました。

いかがでしたか?
「画力」と一口に言っても様々で、各部門によって上位の漫画家は大きく変動する気がしますが、総合的に見ると「小畑健」が一般的に一番画力が高いと思われているようですね。

今回は「歴代ジャンプで最も画力が高い作家ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~43位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票数合計:4,609票
調査期間:2017年03月18日~2017年04月01日


スポンサーサイト
[2017/05/05 11:45 ] | 話題の芸能人情報 | コメント(0)
<<鬼畜 系について | ホーム | 和牛について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad