鈴木誠也について

今回は広島東洋カープ ハイクオリティユニフォーム(ビジター) 51 鈴木誠也 (O(XL))に関する情報をご紹介します。

あなたの知らなかったレアな情報かも知れません

こんな鈴木誠也に関する情報があったなんて

知らなかったと後悔しないようにしましょう!!

この続きから、もしかしたら

あなたの探している鈴木誠也に関するぴったりな情報が

登場するかもしれませんよ!!

続きの情報も見逃さずに見てみましょう!!



世界のAmazonよりお届け




広島東洋カープ ハイクオリティユニフォーム(ビジター) 51 鈴木誠也 (O(XL))がこの価格¥ 8,000で手に入る!!

広島東洋カープ ハイクオリティユニフォーム(ビジター) 51 鈴木誠也 (O(XL))
広島東洋カープ ハイクオリティユニフォーム(ビジター) 51 鈴木誠也 (O(XL))
価格:¥ 8,000


↓↓↓
鈴木誠也の詳細はこちら




今回の鈴木誠也に関する動画や関連情報は、

⇒こっそり通販堂の鈴木誠也で検索!!





スイートマーセナリーズ ブルーラベンダー



今回ご紹介する『スイートマーセナリーズ ブルーラベンダー』について簡単にご説明いたします。



この作品のあらすじは・・・・・



報酬次第でどんな危険な仕事でも引き受ける傭兵姉妹、如月美紅と藍果はスイートマーセナリーズとして裏の世界で暗躍していた。そんな二人の元にセライオ王国の国王から仕事の依頼が来る。セライオ王国で起きようとしているクーデターで王女の身を案じた国王は、日本国内に王女を隠し旧知の仲である二人に護衛を頼みたいというのだ。法外な報酬につられた二人は気軽にその依頼を引き受けるが、それは命がけのミッションの始まりだったのだ!敵の組織は闇四神という凶悪な傭兵を送り込み王女を付け狙う。恐るべき殺人術を持つ闇四神から王女を守る為に、二人は決死の戦いを挑む!?



キャスト  おおきちえ,神嶌ありさ


特撮のカテゴリに分類されます。


気になる価格は ¥2700 ~になっております。


スイートマーセナリーズ ブルーラベンダーが気になる方は詳しい説明をご覧ください!!





400人が集った謎イベント「ムーフェス」で【ムー検定】を受けてきた
こんばんは、バブル時代研究家のDJGBです。好きなオーパーツはヴォイニッチ手稿です。

月刊『ムー』といえば、『学習』と『科学』でおなじみ学習研究社(学研)が発行している、世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリー・マガジン。1979年の創刊以来、常に独自のアングルから世界の諸説を発信し続け、熱心な読者=「ムー民(むーみん)」を多く抱える超科学雑誌です。

かくいうDJGBも小学生のころからの「ムー民」です。さる10月10日、『ムー』の創刊37周年を記念した「ムーフェス」が開催。その場で“真のムー民”度を確かめる「ムー検定」なるものが実施されると聞き、潜入取材してきました。


■会場には世界の謎と不思議があふれていた!

それにしても『ムー』の“フェス”とはいったい…。
主催者側からは事前に「UFOは呼ばない」「魔術は使わない」とのコメントが発表されたものの、謎は深まるばかりです。


おそるおそる会場に入ってみると…。

(デレレレン デレン デレンデン…)※各自、「X-Fileのテーマ」を補完ください。


エリア51ばりの厳戒態勢。

ドアの向こうには…。

怪しげな光を放つ会場。

壁一面には『ムー』37年の歴史を彩った特集ページのパネルが。


■ この記事の完全版(全画像・動画付き)を見る


[画像]衝撃の独占スクープ。試験に出る!

[画像]もはや年末の風物詩となった、たま出版の韮澤潤一郎社長。当時からブレない姿勢が素敵です。

[画像]1989年のユリ・ゲラーの来日にも密着。やっていることは『ロッキング・オン』とさほど変わりません。


■『ムー』への愛が試される物販コーナーで奇跡が!

フェスと言えばグッズです。会場内には、ムーグッズを販売するコーナーも特設されています。スタッフの皆さんの顔出しは当然NGです。

客席には、魅惑のグッズがズラリと並ぶオーダーシートも用意されていました。お値段は、まあまあします。
が、☆マークの付いた商品はスピードくじで『ムー』の三上丈晴編集長と、超常現象研究家の南山宏先生のサイン入りバージョンが当たるチャンスも。
せっかく「ムーフェス」に来たのだから『ムー』への愛を表明しなければ、、、と意を決してマグカップ(2,100円)と、ビアジョッキ(2,600円)を購入。すると…。

(デレレレン デレン デレンデン…)

マグカップに三上編集長と南山先生のサインが…! さらに…

ビアジョッキもサイン入りが当選…。ファティマの奇跡ばりの出来事に、販売スタッフの皆さんも苦笑い。
(できればどちらかはフツーのヤツが欲しかった…)
という心の叫びはぐっとこらえてイベント開始です。


■一部、二部合わせて400名の「ムー民」が結集!

この日のイベントは第一部と第二部の二回公演。それぞれ200人の「ムー民」たちが集いました。「ムー検定」に先立って、創刊当時から企画監修に携わってきた超常現象研究家・南山宏氏と、『ムー』の三上丈晴編集長によるトークセッション。創刊当時からの貴重なエピソードが数多く披露されました

「ヒラリーが当選したら米政府が持つUFO情報が公開される!」と最新号をPRする三上編集長。


南山先生の「あくまでも私たちは世界中の説を提示するだけ、判断は読者の皆様に委ねる」という言葉は、メディアリテラシーの重要性が高まる現代社会へのメッセージです(と思う)。

ところでこの「ムーフェス」と、まさかの「ムー検定」、そもそもどんな経緯で生まれたんでしょうか。イベントを企画された 日本出版販売株式会社 商品開発部 検定事業課の青木 祐樹さんに聞きました。

「弊社の本業は出版販売会社。卸売業です。これまでも雑誌や書籍の発売に絡めたトークイベントを販促の一環として行ってきました。一方で、我々の部署は本業からは少し離れ、色々な検定や資格試験の運営を行っている部署です。出版不況と言われて久しいですが、検定運営のノウハウを活かしつつ、出版物の売りにも貢献できないかと考えました。

『ムー』さんに検定イベントをお願いしたのは、『ムー』の取り扱う分野、そして読者の間に満ちる知への欲求、意欲は他の追随を許さないものがあると思ったからです。そして単純に私も含めて運営陣が『ムー』的なトピックが大好きだったということもあります。

UFO、宇宙人はいるのか、超古代核戦争はあったのか、月にピラミッドはあるのか?

一般的には結論が出ていないテーマでも、

答えは雑誌『ムー』と読者の中にはある!

ということで、検定は成り立つと考え、『ムー』編集部さんにそのままお伝えしたところ、快諾いただきました」


なるほど、企画された方ご自身が「ムー民」だったんですね!


■いよいよ「ムー検定」にチャレンジ!

さて、アツいトーク終了後、いよいよ「ムー検定」です。それぞれの座席に問題とマークシートが配られます。
問題は30問。真の「ムー民」認定には24問以上の正解が必要です。みんなが思っているより本格的な試験だからな!


ずらりとならんだ「万物を見通す目」。ここにもフリーメーソンの陰謀が…。

試験開始。こちとら、プライベートで青森のキリストの墓にも行った経験があるので、この辺りは楽勝です。

そりゃUFOといえば介良、介良といえばUFOでしょう、常識です。

介良事件を知らない方のためにYouTube貼っておきます。若き日の矢追純一さんの、いかにもテレビ屋さんっぽい服装が必見です。

[動画]介良UFO事件
※動画は元記事でご覧いただけます。


おっと、試験中でした。

うう、ロゼッタストーンじゃないことはわかるけど…。

なんやかんやで試験終了。小学生のころから『ムー』を愛読し、ヒランヤとラピスラズリを愛用してきたDJGBとしては、受験前は自信マンマンでした。が、思っていたよりレベルの高い問題も多く、合格できるか不安になってきました。


■後日…自宅に秘密組織からのメッセージが!

前出の青木さんによれば、当日のアンケートでは、「トークをもっともっと深く長い時間聞きたかった」「検定の問題数を倍増せよ」という意見が圧倒的だったそう。やはり『ムー』読者はアツく、濃い。ナメてはいけません。

そして10月28日…私の自宅に、一通の書類が届きます。

(デレレレン デレン デレンデン…)

おわかりだろうか…開封前から合否が若干すけて見えることを…。
※画像は元記事でご覧いただけます。

「ムー検定」結果は…


無事、“真のムー民”との認定をいただきました。けっこう、ギリギリでした。
合格認定カードの到着を、死海文書が公開されるのと同じくらい首を長くして待っております!

月刊『ムー』2016年12月号は今日11月9日発売。今月の必読記事は現役フリーメーソン・高須クリニック院長、高須克弥氏のインタビューだ!


(バブル時代研究家 DJGB)

※すべての画像・動画は元記事からご覧ください。(元記事は下部の関連記事からご覧いただけます。)



スポンサーサイト
[2016/11/11 22:25 ] | 話題の芸能人情報 | コメント(0)
<<クリストフ・ルメールについて | ホーム | 神谷浩史について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad